てんかん持ちでも脱毛が出来る

てんかん持ちでも脱毛が出来る

てんかん持ちでも脱毛が出来る

てんかん,脱毛

 

脱毛サロンではてんかん持ちの人は、断られる場合が多いです。サロンで行う脱毛のほとんどが、フラッシュ脱毛です。これは脱毛したい部分に光を当てて毛根を刺激していく方法で、メラニン色素のみに反応するようになっています。

 

施術の時にはカメラのフラッシュのような光が発生していて、この光が原因でてんかんの発作を引き起こす原因になってしまいます。このため、サロンではてんかん持ちの人を断っているのです。しかもサロンにはてんかんの発作が出た時に対処出来るプロがいないので、万が一発作が起きると安全性を確保出来ないです。

 

何か起きた時に責任が持てないので、抗てんかん薬を服用してるだけで断られます。脱毛が出来る場所は様々あり、サロン以外にはクリニックでも出来ます。クリニックで施術を行うのは医師になり、てんかんの知識があります。

 

このためもしもの時に、適切な対処をしてもらえます。美容クリニックなら看護師も常駐しているので、安心して施術が受けられます。サロンと同じように無料のカウンセリングが受けられるので、その時にてんかん持ちであることを伝えるようにしましょう。

 

クリニックで受ける脱毛は、1回の費用が高いですが、その分効果が高いので通う回数がサロンよりも少なくなり、トータル的に考えると安くなります。

脱毛の悩みはカウンセリングで解決

てんかん,脱毛

 

脱毛の事で悩みのある人は、クリニックやサロンで行われているカウンセリングでスタッフに聞くのが効果的です。専門家なのでどんな内容でも丁寧に教えてもらう事が出来るので、気軽に聞くようにしましょう。カウンセリングはクリニックやサロンでは必ず行われる事で、お店によっては無料になっている所もあります。

 

初めて脱毛を受ける人は、無料で受けられるお店を利用すると不安が解消されます。体毛が濃い人は人の目が気になる人が多いので、このような人は永久脱毛を受けると良いです。専門のクリニックやサロンで脱毛の施術を受けると、ツルツルの肌を手に入れられます。

 

なので、長年ムダ毛がコンプレックスだった人は、それが解消出来るので脱毛するのがお勧めです。髭を脱毛してもらうなら、男性ならではの抵抗感がなくて通いやすいサロンかどうかを見極めるためにネットの評判を事前にチェックしておくと良いです。

 

サロンの場合は光の出力が弱いので、長期間施術をしないといけないです。毛の周期に合わせて通うので、数回通う必要があります。そこで、クリニックの方がサロンより効果が高いので、通う回数が少ないです。脱毛クリニックは短期間で効果が出るところはメリットになりますが、費用が高いのが難点です。

VIO脱毛で濡れるのが心配

てんかん,脱毛

 

VIO脱毛をすると、診察台に引いておいたタオルがびしゃびしゃになる程あそこが塗れてしまう人がいます。感度が高い人は濡れやすいため、女性が施術を行っても陰部を触られると濡れてしまう人はいます。しかし濡れるのは自然現象になるので、自分ではどうする事も出来ないのが現状です。

 

濡れると恥ずかしいですが、スタッフは慣れているので気にする必要はないです。何があっても気にする必要はなく、スタッフが仕事の1つとして処置してくれます。もしも自分で濡れやすい事が分かっている人は、事前に伝えておきましょう。

 

事前に伝える事で、急な対応もスタッフがしやすいし、気を遣う必要がなくなります。VIO脱毛をする前は、アルコールティッシュ等で陰部を綺麗にしておきましょう。ほとんどのサロンでは、着替えをする時に自分で拭きます。

 

濡れやすいと分かっている人は、事前にシャワーを浴びて清潔にしておくと良いです。そうすると濡れても、臭いの心配がなくなります。また、普段濡れやすい人でも、痛みと緊張で濡れなくなる場合もあります。光脱毛のSSC方式は痛みが少ないですが、VIO脱毛では必ず痛みが出ます。

 

なので、濡れるよりも痛みの方が強くなり、濡れなくなる場合もあるのです。

脱毛ラボ渋谷ヒカリエ前店の予約・場所の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページで脱毛ラボの詳細をチェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ